RSS | ATOM | SEARCH
ありがとう、マロンパラダイス【大学院〜社会人期】
上京〜福井に戻った後、音楽の楽しさを伝える活動をしたいと思うようになった。
音泉組とは、ちょうどその頃に出会った。
音泉組の活動は、当時は公衆浴場や旅館のロビーで演奏することが多かった。
他のメンバーもお客さんも、父親以上の年齢の方が多かったため、歌謡曲のレパートリーが増えていった。
 
音泉組では歌謡曲。マロン、路上ではオリジナル。
いつの間にか、そんなスタイルが定着していった。

そうすることで、自分自身も改めて音楽の楽しさに気づく事が多くなった気がする。
オリジナルに固執しない事で、また違った曲作りが出来ているように思う。
社会人になって、結婚して、子供をもって、自分自身のステータスが変わっていったというのも大きい。

高校期、大学期、上京期、社会人期。
長文駄文のブログを経て、改めて高校時代がついこの間の事のように思える。
その中で確実に変わっていった部分の方が多いだろうし、真摯に自問自答しながら向き合ってきたつもり。
だけど、この長い時間を思い返せば「何が変わったんだろう」と思う事ばかり。
そう、根元の部分は、ゆずが大好きだった高校時代と何ら変わってないんだよね。
 
純さんが引退するまでの1週間は、こんなことばかり考えていた。
ラスト弾き語りの日のMCで言いたかったけど、この長さはスピーチになってしまうと思ったので辞めた笑
代わりに曲にして、唄ってきた新曲。 

後日、歌詞アップします。
 さてさて、前に進みましょ
author:南本智哉, category:Diary, 12:00
-, trackbacks(0), pookmark
ありがとう、マロンパラダイス【上京期】
【上京期】

大学の友人が社会人生活をスタートさせる中、
僕だけが東京でのフリーターとしての生活をスタートさせる。
真面目な(笑)僕の性格をよく知ってる友達には、よく驚かれた。

上京したはいいものの、何のアテもなかった僕は、
暇ができると必ず、渋谷駅のハチ公前・裏口のコインロッカー前、NHKホール前で路上ライブをしていた。
そんな生活をしばらく続けていくうちに、シンガーソングライターの知り合いが増えていった。

その中の一人が尾上明範君。
彼との出会いは、僕が知り合いの弾き語りライブを見に行った際。
知り合いの対バンが彼だったわけだけど、
何処か自分と近いものを感じたんだよね。
演奏する曲も歌声もプレースタイルも、まるで違う。
彼は島根県出身で、同じ田舎出身だったからかな。

その半年後、ライブを見に来てくれてから、
お互いの田舎の話や、音楽観の話をよくするようになった。
似たような境遇に親近感が湧いたし、
東京が少しづつ好きになってきたのも、彼と出会ってから。

オリジナルの「頑張る人へ」は、これを機に書いた曲なわけですが、
自分の音楽の根っこになった曲だと思っています。
この曲をキッカケに、尾上君とユニット「コトノハ」を組んだし、
先日の純さんのラスト営業日でも歌えたし、映画のエンディングにも起用して頂いた。
多くのキッカケを与えてくれる曲で、未だに新鮮な気持ちで歌える。
まだまだ発展途上の曲ですね。

思い返せば、この頃に作った曲は、とにかく気持ちに忠実に描いた詞が多い。
「頑張る人へ」もそうだし、「stage」もそう。
節目に歌うと、たまに胸が苦しくなるね。

脱線したけれど、路上ライブを始め、ライブハウス、オーディション等々、
給料のほとんどを音楽に充てていたため、東京での生活はとにかく貧乏だった。
体重も、今より20Kgも軽かった(笑) だけど、心から充実した日々だった。
そうそうできない経験ですね。約1年半の活動に見切りをつけて、福井に戻る。

僕が東京に行ってる間に、マロンではオープンマイクイベントを始めるようになっていた。
マロンのお客さんも、オリジナルを演奏する人が増えてきて、
お客さんこそ変わったものの、やはりマロンはマロンだ。
深夜1時、2時くらいまで、あーでもないこーでもないと言う演者に付き合ってくれる。
東京にこんなお店はなかったので、福井に戻ってきたという感覚があったな。

相変わらずF1も継続して開催されていた。
 この頃から玉置浩二を敬愛するようになり、
クラシックギターでの玉置浩二弾き語りをよくしていたものだ。
懐かしついでに、ライブ動画をあげておこう。
2009年「F1 selection」での映像。
当時、24才か。若いな。。。

1.祝福


2.おいでよ 僕の国へ


3.しあわせのランプ


次回、【大学院・社会人期】に続く。。。
author:南本智哉, category:Diary, 09:35
-, trackbacks(0), pookmark
ありがとう、マロンパラダイス【大学期】
高校時期の僕の音楽は、昼休みの音楽室、もしくは福井駅地下道が全てだった。

マロンに出会って自分がどれ程、井の中の蛙だったか思い知らされた。

まだまだ知らない音楽が溢れているし、視野を拡げなくては。そんな気持ちでいた。


その数か月後、僕は大学に入った。

当時、僕はバンドというものに魅力を感じていなかった。

アコギ一本の方が歌い手の気持ちが率直に届くし、歌に重なる楽器は邪魔だとさえ思っていた。

うん、若かったね。

そんな気持ちでいながら、他の楽器に触れて、何らかの可能性を見つけようと軽音サークルに入った。


マロンでは2,3か月に1度のペースで、弾き語りイベント「F1」が開催されていた。

毎回、12,3組程度の出演者であふれ、本当に毎回、盛り上がっていた。

当時の弾き語りは、往年のディープなフォークソングを歌う人が多かった。

僕も多くの影響を受けて、春夏秋冬やなごり雪、いちご白書等は本当によく演奏した。

心地よかった。


そんな生活を1年ちょっと。

この振幅の広い音楽生活に、心が疲れてしまった。

元々、音楽で何をしたかったのか。

そんなことを考えるようになってから、軽音部を辞め、マロンに顔を出すことも無くなっていった。

ギターさえも触らなくなっていった。


3年生になって、谷川穂高君と出会った。

当時mixiが流行っていて、そのツテで彼の路上ライブを見にいった。

生活感がにじみ出る彼のオリジナルに心を打たれ、

「flowing」や「ミンミンゼミ」等、高校時期にコッソリと書いていた曲を歌っていこうと決意した。

もちろん、オリジナルを初めて披露したのはマロンパラダイス。

マロンに再び通い始めるようになってから、作り溜めていた曲を披露するようになった。

今でもそうだけど、オリジナルを演奏するって結構勇気が必要で

自分が目の前で丸裸になっている感覚だし、何よりも聴き手の反応が怖かった。

純さんは、当時から曲に対する率直な感想を言ってくれて、時折凹みもするけど何より原動力になった。


大学を卒業するまで、このサイクルは続く。

改めて自分がどれ程音楽に救われているか痛感したし、その素晴らしさを伝えていきたい。

自然とそう思うようになり、大学卒業後、音楽しかしない時期を作ることを決めた。

上京期へ続く。。。
author:南本智哉, category:Diary, 12:15
-, trackbacks(0), pookmark
ありがとう、マロンパラダイス【高校期】
長年、お世話になり続けてきた居酒屋ライブハウス マロンパラダイス。

店主の純さんが引退されるということで、7/31はラストのオープンマイクイベントでした。



僕が店に到着した9時半には、すでに満席状態。

誰が招集したわけでもないのに、総勢24組もの歌い手が集まり、本当に賑やかで忘れられない夜になった。

MCでも話したが、前週の弾き語りイベント「裸の魂」が終わってから、何を歌おうか、ずっとそわそわしていた。

今までのマロンでも思い出が多すぎて、セットリストを2順・3順と練り続けた。

【セットリスト】
1.ないものねだり(新曲)/南本智哉
2.マルキドピエールの光と影/高田エージ
3.頑張る人へ/南本智哉

ギター歴15年のうち、マロン歴13年と、自分の中ではマロン=ギター歴という事もあって、たった3曲で表現するのは難しかった。

そういう訳で、マロンパラダイスの思い出を、つらつらと残してみようかなと思います。

ダレトクですね。まぁ、ブログってそういう物と割りきって。


【高校期】

思い返せば僕がマロンパラダイスに初めて足を運んだのは、高校3年生の時。

春江にカラオケやライブイベントができる居酒屋があるという事で、親友の父親に誘われ、足を運んだ。

ライブハウスどころか居酒屋も初めてだった僕は、ドキドキしながら中の見えないお店の扉を開いたことを今でも覚えている。

当時、お酒も飲めないし、カラオケにも抵抗があった僕は、軽いカルチャーショックを受けたな。


翌年の高校卒業前。

当時、ゆずのコピーユニットを組んでいた相方から、卒業前に思い出作りの為のライブをしたいとの提案があった。

人前で演奏したのは文化祭の時位で、ライブがどういうものなのかも、どうやればいいのかもわかっていなかった。

そもそも高校が田舎なので、どこにライブハウスがあるかも知らずに、思い付きで挙げたのがマロンパラダイスだった。

今でこそ当たり前だけど、当時からそのようなライブを引き受けていなかったように記憶している。

お店の平常営業をクローズして、ライブ経験もない高校生二人組の為だけに貸切。しかも、ワンマンライブ。

当時はあまり深く考えてなかったけど、本当によく実現させて頂けたものだと思う。


ライブが終わってから、飛び入りで演奏されたブルース大御所、Mさんの演奏を見て、またまたカルチャーショックを受ける。

ブルースは当時、僕も演奏していたけど、上手さだけでは埋められない何かがあったし、

それが何なのか分からないモヤモヤで、飛び入りでMさんとセッションをした。

もちろんセッション自体も初めてで、何をしていいかもわからないし、結局モヤモヤは残ったままだった。

オーナーからアドバイスを頂き、歌い方を指摘され、「なごり雪」を課題曲に挙げてもらった。

以降、毎週マロンへ足を運ぶようになり、フォークソングの魅力にどっぷり嵌っていった。

次回、【大学期】に続く
author:南本智哉, category:Diary, 23:44
-, trackbacks(0), pookmark
Roadmade 1st Single 「頑張る人へ」 配信開始
自身のオリジナル「頑張る人へ」をRoadmadeとして、楽曲配信スタートです!

iTune Store、AMAZON MP3、レコチョク、moraやLismo等々、様々な配信ストアからダウンロード可能です。

2007年に作詞・作曲したこの曲。

LIVE等ではギター弾き語りで演奏してきた曲ですが、

Roadmadeメンバーの伴幸祐君のアレンジが加わり、バンドサウンドとして生まれ変わりました!

視聴だけでも、ぜひぜひよろしくお願いします(^^)

author:南本智哉, category:Diary, 07:52
-, trackbacks(0), pookmark
映画「ホット」 エンディング決定
ハウンドプロジェクトさん制作の映画「ホット」のエンディングに、
自身のオリジナル「頑張る人へ」が起用される事となりました。

あわらが舞台となり、悩みや罪を背負った人生がクロスし、
癒され、新たな一歩を踏み出すストーリー。

以下、公開情報です。

・10月26日(日)。
響きのホール 「まちなか映像フェス」

・11月23日(日)
みくに文科未来館 「ハウンドプロジェクト上映祭」



音源化自体、初めて挑戦しましたが、
それがこのような形で大勢の方に聞いて頂ける事は本当に贅沢で、有難い事です。
未熟ではありますが、今の自分の精一杯を形にすることができたと自負しています!

下の動画は、映画の予告となります。
公開が待ち遠しい!!



頑張る人へ / Roadmade (音泉組)

作詞・作曲 南本智哉
編曲 伴幸祐

頑張るあなたへ 嘘のない言葉を
心を込めて そっと届けたい あなたへ

君にとって誰かにとって 暮らしの中にかけがえのない
そんな宝物 もっとあればいいな
幸せと思う時間だけ 僕らは早く歳をとる
そんな生き方も きっと悪くないよ
せわしく流れる時間の中で 少し疲れたら
僕の方おいでよ 優しいギター弾くよ
頑張る気持ちが 今日の君を支えてる
心の隙間に そっと染み渡る言葉を

もう少し、あともう少しと
いつも背中を押してくれた
大切な友達が いつもそばにいるよ
素直になんかなれなくて 強がりな性格も
君のいいとこだよ だから焦らないで
頑張るあなたへ 微笑みある瞬間を
何気ない言葉をいつも交わしたい あなたと
頑張る気持ちが 明日の君をつくってく
いつも、いつでも そっと伝えよう 心で
届けよう あなたへ
author:南本智哉, category:Diary, 23:01
-, trackbacks(0), pookmark
6/18 おじゃまっテレ生出演

先日、FBCテレビ おじゃまっテレの「えきなかミニライブ」のコーナーに出演してきました。

アコースティックバンド「Roadmade」での出演でした。

曲はオリジナル「頑張る人へ」でした。

貴重な経験でしたわ、ホンマに。

author:南本智哉, category:Diary, 08:21
-, trackbacks(0), pookmark
音泉組 AOSSA LIVE


昨日、福井駅裏にあるAOSSAにて音泉組ライブを行ってきました。





吹き抜けになっている1階のスペースで昼1時から5時までやっていました。
見晴らし&館内のリブァーブの素晴らしいこと。アンプ使わずに生音でやりたかったっすねー。
少し先取りのクリスマスツリーをバックに、五曲歌ってきましたよ。

セットリスト
1.記憶の糸(オリジナル)
2.ミンミンゼミ(オリジナル)
3.しあわせのランプ(玉置浩二)
4.あの日にかえりたい(松任谷由美)
5.頑張る人へ(オリジナル)

久々のオリジナル中心のセットリストでした。

その後、マックで打ち上げ→バンド練習といった音楽尽くしの一日でした。
良い疲労感を残したまま、只今大阪へ出張移動中〜。
author:南本智哉, category:Diary, 07:35
-, trackbacks(0), pookmark
小豆島への旅

社員旅行で香川県は小豆島へ。

小豆島と書いて、「しょうどじま」と呼びます。




初日は姫路城を見学。





現在、大天守の補修工事中との事で、城の上部が覆われていました。

内部はこんな感じ。

はがした瓦を全て元の場所に戻していくらしいです。気が遠くなる仕事です;;

「暴れん坊将軍」のロケ地にもなっている姫路城。

城内、いろいろ散策しましたが、どこも美しいです。

城マニアの気持ちが少し、分かりました。



その後、姫路港からフェリーに乗って小豆島へ〜。



一時間半の船旅の後、ホテルでゆったりと。


翌日、「24の瞳」という映画の映画村に観光。



とても景観が素晴らしい!

木造建築の小学校の教室から見える外の景色が本当に素晴らしかった。





映画を知らなかったことが、残念。。。

時間を忘れさせてくれる場所でした。


その後、猿を見にいきました。

飼育しているわけではなく、野生の猿がうじゃうじゃ。。。

案内してくれた方も地元の方みたいです。








またフェリーに乗り、姫路港まで。

近くにスーパーやコンビニもなく、のどかな島でした。

それ故に、時間の流れが、いつもより少し遅いよう感覚で過ごしていました。

次回、ぶらぶらと一人で来てみたいですね〜。

author:南本智哉, category:Diary, 08:24
-, trackbacks(0), pookmark
ユーミンコンサート

この前の日曜日、フェニックスプラザで行われた松任谷由美さんのコンサートに行ってきました。



案の定、お客さんは40~60代の方ばかり。

子連れで来ている人もいたけど、やはり若い人は少なかったですねぇ。

今回は”ROAD SHOW”というアルバムのツアーでした。



1曲1曲が映画のストーリーのように展開されていました。

しかしユーミン、あんなに踊るアーティストだとは思わなかった;;

全曲、踊りながら歌っておられました。

衣装も着物、貴婦人、ロボット(?)等、様々。


震災があった日がツアーのリハ初日だったとの事。

周囲のアーティストがコンサートを中止する中、迷いながら始まったツアーだと話しておられました。

個人的には、やれて良かった、とも話しておられました。


コンサート本編が終わり、アンコール。

アンコールが終わっても拍手は鳴りやまず、ダブルアンコールの「やさしさに包まれたなら」。

さらに拍手が鳴りやまず、まさかまさかのトリプルアンコール「卒業写真」。

泣きながら歌っておられました。感動でした。

author:南本智哉, category:Diary, 08:04
-, trackbacks(0), pookmark