RSS | ATOM | SEARCH
向日葵の唄
小さな目に映し出すもの 遠く沈む淡い夕日の色
真新しい一日の中で あなたを作る全てが 僕の全てで

小さな耳 飛び込んでくる 言葉を真似ては間違えて
一の志で僕も 迎えられる今日があるのは 多分あなたがいるから

あなたのそばで あなたのすぐそばで
その道 その明日 照らし続けられる太陽のように
僕はなりたい 僕はなるために
今日も明日も明後日もずっと 笑おう

遊び疲れ 泣きじゃくった後で いつの間にか聴こえる寝息は
あなたと僕の一日の終わりを告げる何よりも 透明で優しい音色さ

巡り巡りゆく 毎日のその中で
向日葵のような 真っすぐな笑顔を僕にくれる
あなたが居れば あなたが居るのなら
ふとした時に救われてる僕に 気付くよ

あなたのそばで あなたのすぐそばで
あなたのために 僕ができること

あなたのそばで あなたのすぐそばで
憂いや迷いも 同じ歩幅で感じていたい
そしていつの日か 誰かのすぐそばで
陽だまりのような優しい光で照らして 
あなたは行けばいい
author:南本智哉, category:Song, 15:32
-, trackbacks(0), pookmark
ないものねだり
いつもと違う靴を履いて​​ 新しい自分を始めよう
聞きなれない足音にも すぐに慣れるよ
 
憧れは巡り巡り はじめを羨むほどに
新しい何かに出会う度 形を変えた

いつしか過ぎてった 幾つもの瞬間は
何にもないようで 君になったんだ
変わり映えしない日々を 汗かいて立ち向かってるなら
あるままで それでいいんだよ 君も

いつもと違う靴を履いて 新しい景色見に行こう
暮らしのどこかに それぞれの色を添えて

いつしか過ぎてった 幾つもの瞬間は
何にもないようで 君になったんだ
大人になるたびに 利口になっていったていい
君だけの君があれば そこに

時々 何かが不安になって 僕らはいつでも試行錯誤
どこ行こう 何しよう 心の中では いつでも自由な旅をしよう

愛する人ができて 守るべきものが増えて
僕らの日常は 大忙しさ
変わり映えしない日々を 汗かいて立ち向かってるなら
何しても どこ居ても 君の中にあるのは 君だ

〜"ないものねだり"のエピソード・想い〜
駆け出しのころからお世話になり続けたライブハウス。
そこのオーナーの引退を期に描いた曲。
約15年の音楽生活を振り返り、"初心"と"憧れ"をテーマにしました。
最初から今まで様々な憧れが連鎖し、その度に形を変えてきたように思います。
振り返ると思い出せない事も沢山あるけれど、初心を忘れていないことを確信しました。
周りや自分を取り巻く環境は絶えず変化し続けているけれど、
その中で変わらない出会いに気付き、感謝の気持ちで作った曲。
author:南本智哉, category:Song, 01:38
-, trackbacks(0), pookmark
猫になる
目覚ましの合図で 君の一日は
あくせくと動き出す 周りに追い越されぬように

誰が決めたわけでもなく 誰も彼も
大切にしているもの そう思える人のため
今日を立ち回ってるよ

おはようと おやすみの合図で
それだけで僕らの日常は まわってて
君もおいで 好きな人も連れて
笑ってようよ ずっと

好きなあの場所に登り 空を眺め
君のこと思えば たいていのことは
満たされてしまうから

理想とか アイデアがどうとか
難しいコト 考えるよりもシンプルに
君が思うようにやってみて
そうして日々が 続けばいい

おはようと おやすみの合図で
それだけで君らの日常も まわったら
言葉はいらない 気持ちで通じ合う
そんな世界が いいよね

〜”猫になるのエピソード・想い〜

2014年7月作詞・作曲。

「もしも自分が猫になって、人間の世界を見ていたら・・・」
というテーマで描いた詞です。
author:南本智哉, category:Song, 00:07
-, trackbacks(0), pookmark
呼吸

通り過ぎた景色や 心おぼえた場所で 
その手は 何に触れてきましたか?

目の前の明日や その先の未来へ 
その目は 何を見つめていますか?

悲しいこと、嬉しいこと 繰り返し
まるで呼吸のように日々は巡り 過ぎゆくけど
暮らしには 人と人 いくつもの繋がりがあり
絶えず人の中で小さな種を育んでいるよ


ふと見上げた空の色に その手の温もりに
気付いたら どんな時でも やり直せるんだ

例えば明日、不自由ない1日を過ごせたとしても
何の疑いもなく それを“日常”と呼ぶだろう
笑い合える人がいて 励まし合える人がいて
幸せなんて 傍にありすぎるから なかなか気付けないけど

忘れられない歌がある 大好きな人がいる
こうやって息を吸える こうやって息を吐けるんだ


〜”呼吸”のエピソード・想い〜

2011年4月作詞・作曲。
同年3月10日に発生した”東日本大震災”を受けて作った歌。

危機に直面している人も平和に暮らしている人も。
豊かな国の人達もも、貧しい国の人達も。
皆、”息を吸って、息を吐く”という行為は一緒です。
それと同じように、生きていれば悲しい出来事や嬉しい出来事があり、
そのサイクルのお陰で、人はたくましくなれるように思います。

平和であることが当たり前だと思ってしまう環境にいますが、
この地震で自然の猛威を感じ、被災者にエールを送りたい一心で作った応援歌です。

author:南本智哉, category:Song, 15:01
-, trackbacks(0), pookmark
stage
気付いた事 目にしたもの 追いついては突き放され
それはまるで あの雲のように 手を伸ばしても掴めない

誰も彼も夢に持つ自分 今の僕は胸を張れるかな?
いつまでも あの空のように まっさらであれたならな

いつの日にか 望んだものが 手にしたものが
羽ばたいていけるような 翼探してる

空にかざした君へ続く唄は 今、誰かへと向けた 僕だけのstory
君の心が還るべき場所を いつも探しているから かざしているから


どんな風も どんな壁も どんな自分も
受け止めていれるような 自分であるために

明日を夢見て、振りかざす昨日は まだ知らない自分を刻んでくstage
誰かのもとへ響く言葉だけ 僕がここにいる証へと変わって行くから
風にさらして ひしがれる今日がある それは誰にも代えられない 僕だけのstage

迷いの中、歩みを止め 過ぎゆく日々の一瞬も
君になるから 目を逸らさないで 真っ直ぐに見つめていて


〜”stage”のエピソード・想い〜

2008年、作詞作曲。
”一期一会”。
自分なりの音楽(特に路上音楽)に対する想いを詰め込んだ曲です。

自分が描く歌詞というものは、誰のものでもない自分のストーリーであり、感情です。
精一杯自分を表現し、歌い、自分や聴き手に言葉を投げかける。
だからこそ、歌詞や自分の見えなかった一面を発見する事があります。

人前で歌う場面だけじゃなく、生活の中のどんな場面においても。
真っ直ぐ、素直でいようと思い作った曲です。
author:南本智哉, category:Song, 13:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
親愛なる

心から君を想えば 素直な気持ちになれる
胸の奥に 君がいるよ

その言葉や何気ない仕草 生活に溶け込んでる
僕がいるよ ここにいるよ

儚さと紙一重の 脆くも たゆたう光だ
包むのはこの手のひら 重ね合わせた手のひら

手紙にも書き表せない 言葉を唄にした
拙くとも 喜びのメロディー

いくつもの見えない壁を 二人で越えた
長く短い時間を どうにか過ごしては確かめてきたんだよ

心から君を想えば 素直な気持ちになれる
胸の奥に 君がいるよ


〜”親愛なる”のエピソード・想い〜

2010年、作詞・作曲のラブソングです。

author:南本智哉, category:Song, 14:35
-, trackbacks(0), pookmark
記憶の糸
それぞれの暮らし それぞれの理念
それぞれあるから それぞれが変わって
分かり合いたい 話し合いたいけど
僕らの日常は 忙しい

どこかへ繋がって どこかで交わって
誰かと過ごした いくつもの時間は
こんがらがったり ひとつになったり
僕らの関係は 目まぐるしくも変わる

言葉にするたび 色褪せてくものがあるよ

聞こえてるかい 心の声は そこに誰か潜んでいるんだろう
誰でもない自分自身が 変わらない自分を変えよう


記憶の糸を手繰り寄せると
清純にも不純にも見える僕がかくれんぼ

白と黒 飽和した世界に佇むよ

疑うかい その心は 誰かが作っているのかい
誰でもない自分自身が その景色に色を足すんだよ

それぞれの暮らし それぞれの理念
それぞれの幸福  それぞれの価値
それぞれの世界  それぞれの記憶
それぞれの色で  それぞれが

記憶の糸を手繰り寄せると
清純にも不純にも見える僕が かくれんぼ


〜”記憶の糸”のエピソード・想い〜

2009年作詞・作曲。
ひきこもりに関する、NHKのドキュメンタリー番組を見て作った詞。

高校を卒業してから20年、自分の部屋に引きこもり続けている人がいました。
家族ともずっと顔を合わせておらず、周囲との繋がりを断ち切った世界。
汚されることのない、純粋な世界なのだろうけど、
寂しいモノクロの世界だと思いました。

皆、普段色んな事柄に影響を受けてながら生活していると思いますが、
良くも悪くもそれらを取り入れることで、新たな色が自分の景色に加わる。

人間関係・生活環境、行動理念や価値観。
今までの自分の”記憶の糸”を辿れば、
純粋だった自分が羨ましかったり、淀んだ自分を嫌ったり。

振り返ると色んな自分が見え隠れしますが、
どんな自分も最後には納得できるように、
”自分らしく生きよう”というメッセージを込めて、歌っている歌です。
author:南本智哉, category:Song, 03:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
ミンミンゼミ

ミンミンとセミが鳴く 短い命すり減らし
オイラは定食屋のカウンターもたれて タバコふかす ふかす・・・

飛べない翼広げ 幼いツバメが鳴いている 鳴いている

あの声は変わらない その昔から変わらずにあるよ

ミンミンと ミンミンと 下手なオイラが唄を唄う
ミンミンと ミンミンと 不器用な魂 すり減らしてさ


理不尽な争いに 無垢な子供が泣いている
父を知らない その人がテレビの向こう 消えていく 消えていく・・・

好奇心のその果てに 足をもがれたカブトムシ、もだえてる

あの歴史は変わらない その昔から悲しいものさ

ミンミンと ミンミンと 知らない内に消えていく
ミンミンと ミンミンと 知らないオマエ 消えていくのさ

ミンミンとセミが鳴く しゃがれた声で唄ってらぁ
オイラは道の上 今日も懲りずに唄を唄うだけさ


〜”ミンミンゼミ”のエピソード・想い〜

2001年。高校2年生の時に書いた詞。
祖父が急死し、飼っていたペットが亡くなり、
その後起こった、9月11日のアメリカ同時多発テロ。
それらにショックを受け、生物の死について考え書いた詞です。

毎日、当たり前のように過ごしている自分ですが、
どこかの国のどこかの人は明日生きるか死ぬかの生活を送っている。
今日テレビに映っている人は、明日もういないかもしれない。

人の痛みに気付き、真っすぐ、正直に、懸命に生きる人になりたい。
不器用ながらも当時、自分に言い聞かせるように書きなぐった詞です。

今でも歌う度に背筋が伸びる想いです。
平凡な毎日を過ごせる事に感謝しながら歌っていきたいです。

author:南本智哉, category:Song, 03:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
flowing
少し肌寒い風が 傷ついた瞳に染みた
別々の道を 歩んでくだけの事実が

幾度もの季節越え すぐ迷うだらしなさを捨て
あなただけと決めたことに 後悔は無かった

尊し あの日の憧れを 紡いで重ねた今
会いたい想いを 敷き詰めて 織り上げた恋の羽


その瞳に映し出す 私は変わりない友だと
強く惹かれた優しさで 途切れてしまった

流れては 去り行く秋の風 乾いた景色の中に
うるんだ想いは 届かない まだあなたが愛しいのに

舞い上がる 枯葉の切なさを わびしさ、寂しさを
乾いた心に 映し出す 風に消えた恋の羽


〜”flowing”のエピソード・想い〜

2003年。高校3年の秋、曲として初めて完成させた処女作です。

失恋を女性の視点から書いた詞。
秋の風は他の季節にはない、独特の寂しさを感じます。
風に煽られ、空中を舞い上がり、落ちていく木の葉が
相手への未練を漂わせているように思えて詞を書きました。

もの悲しいけど、真っすぐで純粋な詞。
実体験を元に書いた曲です。
author:南本智哉, category:Song, 15:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
頑張る人へ
頑張るあなたへ 嘘のない言葉を
心を込めて そっと届けたい あなたへ


君にとって誰かにとって 暮らしの中にかけがえのない
そんな宝物 もっとあればいいな

幸せと思う時間だけ 僕らは早く歳をとる
そんな生き方も きっと悪くないよ

せわしく流れる時間の中で 少し疲れたら
僕の方おいでよ 優しいギター弾くよ

頑張る気持ちが 今日の君を支えてる
心の隙間に そっと染み渡る言葉を


もう少し、あともう少しと いつも背中を押してくれた
大切な友達が いつもそばにいるよ

素直になんかなれなくて 強がりな性格も
君のいいとこだよ だから焦らないで

頑張るあなたへ 微笑みある瞬間を
何気ない言葉をいつも交わしたい あなたと

頑張る気持ちが 明日の君をつくってく
いつも、いつでも そっと届けよう 心で

頑張るあなたへ 嘘のない言葉を
心を込めて そっと届けたい あなたへ

届けよう あなたへ


〜”頑張る人へ”のエピソード・想い〜

2007年。東京に上京していた時期に作った曲です。
東京は、様々な夢や憧れが集う場所であり、
常に前を見据えていなければ、すぐに足元をすくわれてしまうような、そんな場所です。

仲間や周囲に揉まれながら、励まし励まされながら、
”頑張る気持ちが、今日の自分を支えているんだ”と考え生活するようになりました。
毎日は、その考えの繰り返しで素晴らしくなれる。背伸びする必要なんてない。
そんな風に思い、夢に挑戦し続ける自分や仲間に向けて
手紙や日記を書くように自然体で書いた詞です。

一番歌っている歌です。
author:南本智哉, category:Song, 00:36
comments(0), trackbacks(0), pookmark