RSS | ATOM | SEARCH
心の灯火
今年も僕らが暮らすこの街に 白い雪が降ってきた
心と体、一つに寄り添うように すれ違って行く恋人たち

君に似合う赤いマフラー 背中に隠しながら
いつもは言えない気持ちも包んでる この日の為の贈り物

誰かに時々、不安にもさせられて 相も変わらずに弱いまんまの僕さ
だけども、こんな風に寄り添えたなら こんなにも心の隙間 満たせるのさ

365色で彩られてく日々は 君がくれる優しき心の灯火
そこから零れた光に触れる指先 また恋に落ちてく僕がいる


手のひら重ねて歩ける今を このまま時間を止めて
なかなか会えない そんな寂しさも 今日だけは忘れていよう

いつしか僕らは全てを忘れていって この雪のように溶け去っていくのだろう
君からもらった、沢山の時が 愛おしく思えるから それでも構わない

とても寂しい想いを抱えながら 少し笑って見せる君が切なく思えてさ
舞い散る雪の欠片に願いを込めた そばにいれるなら、このままで…


365色で彩られてく日々は 君がくれる優しき心の灯火
そこから零れる光に触れる指先 僕の心 静かにこだましているのさ
分かりあってく事で大人になってく 僕ら、心はいつも変わらずにいよう
どんな君をも受け止めて歌う この歌は 僕の本当のプレゼント

君に歌うよ… 歌うよ…
author:南本智哉, category:Song, 22:32
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://nanpon.jugem.jp/trackback/204