RSS | ATOM | SEARCH
裸の魂 vol3 を終えて
18日、19日と、マロンパラダイスにて「裸の魂」が開催されました。
2days 合計20組もの歌い手が一堂に会したこのイベント。
volume3という事だったが、自分は今回初参戦でした。

今回は何よりも、上京していた頃にユニットを組んでいた尾上明範君も参戦するという事で、
いつもとは違う緊張感や期待感を持ちながらこの日を迎えました。
17日は、東尋坊や丸岡城観光、寿司屋に秋吉、と自分が考えられる福井観光フルコースを満喫してもらいつつ笑
彼と会うのを待ちわびてた友人たちと、心から楽しい時間を過ごした。

さて、ライブの話をしよう。
[セットリスト]
1.ミンミンゼミ
2.猫になる
3.stage
4.頑張る人へ

「裸の魂」というイベント名から、自分の音楽観をストレートに表現した曲で構成してみました。
昔、東京で演奏していた曲ばかりだね。
気持ちの面では尾上君もいるという事もあって、東京でライブをしていた頃の感覚で演奏しておりました。

それでも、やはり(半)活動休止中の身。
分かってはいたけど、練習不足がたたって到底満足行く出来とは言えませんでした。
歌はスポーツと同じで、常にやり続けていないと100%は出し切れないものですな。

そして自分の次は尾上明範君。
昔とは全然違うステージングに、ただただ驚いていたなぁ。
悔しさが後から込み上げてくるくらいに、完璧なライブだったように思う。



予てから「いつか福井の皆に、彼の歌声を聞いてほしい!」と思い続けていたので、本当に幸福な数日を過ごせた。
この3か月余りは、ただこのイベントのことだけを考えて迎えたということもあって、
後の祭りのような、幸せで寂しい気持ちで、昨日は何もする気が起きなかったな。

次の目標は今のところ何もないし、何もするつもりもなかったけど、
今回の自分の出来と、尾上君のライブ、
そして主催者さんの「また(音楽)やりませんか?」の声に揺れた。

いかんせん、中途半端な形でお客さんの前に立つのはイカンね。
もうぼちぼち、復帰に向かってもいいのかもしれない。
少しずつ、少しずつ。
 
author:南本智哉, category:Live Report, 12:39
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://nanpon.jugem.jp/trackback/246