RSS | ATOM | SEARCH
ないものねだり
いつもと違う靴を履いて​​ 新しい自分を始めよう
聞きなれない足音にも すぐに慣れるよ
 
憧れは巡り巡り はじめを羨むほどに
新しい何かに出会う度 形を変えた

いつしか過ぎてった 幾つもの瞬間は
何にもないようで 君になったんだ
変わり映えしない日々を 汗かいて立ち向かってるなら
あるままで それでいいんだよ 君も

いつもと違う靴を履いて 新しい景色見に行こう
暮らしのどこかに それぞれの色を添えて

いつしか過ぎてった 幾つもの瞬間は
何にもないようで 君になったんだ
大人になるたびに 利口になっていったていい
君だけの君があれば そこに

時々 何かが不安になって 僕らはいつでも試行錯誤
どこ行こう 何しよう 心の中では いつでも自由な旅をしよう

愛する人ができて 守るべきものが増えて
僕らの日常は 大忙しさ
変わり映えしない日々を 汗かいて立ち向かってるなら
何しても どこ居ても 君の中にあるのは 君だ

〜"ないものねだり"のエピソード・想い〜
駆け出しのころからお世話になり続けたライブハウス。
そこのオーナーの引退を期に描いた曲。
約15年の音楽生活を振り返り、"初心"と"憧れ"をテーマにしました。
最初から今まで様々な憧れが連鎖し、その度に形を変えてきたように思います。
振り返ると思い出せない事も沢山あるけれど、初心を忘れていないことを確信しました。
周りや自分を取り巻く環境は絶えず変化し続けているけれど、
その中で変わらない出会いに気付き、感謝の気持ちで作った曲。
author:南本智哉, category:Song, 01:38
-, trackbacks(0), pookmark
Trackback
url: http://nanpon.jugem.jp/trackback/254