RSS | ATOM | SEARCH
ミンミンゼミ

ミンミンとセミが鳴く 短い命すり減らし
オイラは定食屋のカウンターもたれて タバコふかす ふかす・・・

飛べない翼広げ 幼いツバメが鳴いている 鳴いている

あの声は変わらない その昔から変わらずにあるよ

ミンミンと ミンミンと 下手なオイラが唄を唄う
ミンミンと ミンミンと 不器用な魂 すり減らしてさ


理不尽な争いに 無垢な子供が泣いている
父を知らない その人がテレビの向こう 消えていく 消えていく・・・

好奇心のその果てに 足をもがれたカブトムシ、もだえてる

あの歴史は変わらない その昔から悲しいものさ

ミンミンと ミンミンと 知らない内に消えていく
ミンミンと ミンミンと 知らないオマエ 消えていくのさ

ミンミンとセミが鳴く しゃがれた声で唄ってらぁ
オイラは道の上 今日も懲りずに唄を唄うだけさ


〜”ミンミンゼミ”のエピソード・想い〜

2001年。高校2年生の時に書いた詞。
祖父が急死し、飼っていたペットが亡くなり、
その後起こった、9月11日のアメリカ同時多発テロ。
それらにショックを受け、生物の死について考え書いた詞です。

毎日、当たり前のように過ごしている自分ですが、
どこかの国のどこかの人は明日生きるか死ぬかの生活を送っている。
今日テレビに映っている人は、明日もういないかもしれない。

人の痛みに気付き、真っすぐ、正直に、懸命に生きる人になりたい。
不器用ながらも当時、自分に言い聞かせるように書きなぐった詞です。

今でも歌う度に背筋が伸びる想いです。
平凡な毎日を過ごせる事に感謝しながら歌っていきたいです。

author:南本智哉, category:Song, 03:11
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://nanpon.jugem.jp/trackback/69