RSS | ATOM | SEARCH
吉川忠英 Acoustic Live

昨日は急きょ友人に誘われ、福井市はカッシーナというイタリアンのお店へライブを見に行ってきました。

誘われたのがライブ開始30分前という急さ。

「はぁ〜?!」と思いながらも、誰のライブか聞いて、更に驚いた。

吉川忠英さんという方のライブ。


高校時代、福山雅治の弾き語りを練習していた頃。

フジ系列の「FUKUYAMA engineering TV」という番組を欠かさず見ていました。

毎週、福山雅治がオールディーズ(「青春の影」「ファイト!!」「お嫁においで」)をカバーするコーナーがあり、それを見るのが非常に楽しみでした。

ファンからの反響が良く、後ほどそれらの楽曲が収録された「FUKUYAMA Golden Oldies」というCDも発売されました。

TVでもCDでも、福山雅治のバックでギターを弾いていたのが、吉川忠英さん。

何年か前に、福山雅治のインストCDをご自身で出され、購入して練習していたのを思い出しました。


そんな方が来られると聞いて、メチャ驚きましたよ。

忠英さんのお弟子さんの田中彬博さんと二人のライブでした。

優雅にwイタリアンを食べながら、目の前1メートルの距離で見てきました。

ルパン3世の曲をギター1本で表現したり、ビートルズのメドレーを演奏されたり、

昔コピーした桜坂などなど。

いや〜、贅沢でしたわ。



左:吉川忠英さん
右:田中彬博さん

ディナーショーでしたが、仕事帰りだったので恰好が俺だけ浮いてました。


おまけにノリも皆とは違いました。



楽しかったなぁー!

author:南本智哉, category:Diary, 08:07
-, trackbacks(0), pookmark
音泉組 七夕ライブ

昨日はあわら市屋台村にて、七夕祭りが開催されていました。

屋台村の通りに笹を並べ、普段とは一見違う雰囲気の屋台村。



笹には、様々な短冊がつけられておりました。



音泉組はお店を楽屋にして、屋台村の中心での野外ライブ。

昼の2時〜夜9時までの長〜いイベントでござんした。

ゲストに、美浜からお越しいただいた「きりきりまいよ〜る」さん。



夜になるにつれ、客足も増え、異様な盛り上がり(笑)を見せていましたね。

老若男女問わず、いろんなお客さんが来られてました。

時間経過はあっという間でしたが、濃厚なイベントでござんした。

屋台村スタッフの方々をはじめ、各店のスタッフさん、音泉組の皆さん、一日お疲れ様でした!



author:南本智哉, category:Diary, 08:06
-, trackbacks(0), pookmark
ひとり屋台村

昨日は会社帰りにあわら市、屋台村の音泉組ブース「弾き語り茶屋」にて演奏してきました。

おでん屋さんでご飯を頂き、午後八時から茶屋で演奏開始。

おでん屋さんにいたお客さんにご来店いただき、

「また逢う日まで」「卒業写真」「涙そうそう」など多くの曲を、お客さんと一緒に歌ってきました!

DSC_0069.jpg


自分の両親以上の年齢のお客さんでしたが、一緒に歌える曲があると楽しいですね。

もうちっと、できる曲増やさないとな;;

弾き語り茶屋、毎日営業しています!

ご飯ついでに、是非とも遊びにいらしてください。

author:南本智哉, category:Diary, 08:06
-, trackbacks(0), pookmark
ちょっとしたこと

通販にて鞄を購入。

届いた商品にはこんな事が書かれていました。



あえての手書きが嬉しいですねぇ。

大切に使っていきます。

author:南本智哉, category:Diary, 08:23
-, trackbacks(0), pookmark
高田エージLIVE in マロンパラダイス
本日はマロパラ5回目の出演、高田エージさんのライブでした。
3月3日の横浜でのライブ以来、3ヶ月ぶりでした。 毎回オープニングアクトに出させていただいておりましたが、本日はアンコールにご一緒させていただきました!
今回のオープニングアクトは、私の兄貴分ヤマコーさんが勤めました。
今月初めに自身でリリースとなった、CDアルバムをひっさげてのオープニングアクト。



エージさんは今回も盛り上がりました!




プレイスタイルは全然違いますが、本当に勉強になります。
5回しかライブは拝見しておりませんが、ほとんどの曲を口ずさめるようになりました。 完全にファンですね。
高田エージさんは、ぜひとも皆さんに見に来ていただきたい方です!!
最後に「永遠」を高校生の大登君、武蔵君と演奏。 楽しかったぁ〜〜〜!
やはり音楽は聴くよりも、やるに限りますね。

author:南本智哉, category:Diary, 01:19
-, trackbacks(0), pookmark
福井chopの弾き語りライブ

昨日、福井chopに行ってきました。

演奏はしてません。珍しく、演奏を見に行くだけでした。

マロンの弾き語り仲間であり、習ってたギターの先生が同じであり、バンドメンバーである「たけじ」さんを見に行きました。

相変わらずの「たけじ節」が炸裂してました!!

店の雰囲気とマッチして、いい感じでした。



他の出演者はglicoさん、山田治久さんと、富田晋也さん。

みなさん、オリジナルを中心に演奏されている方ばかりでした。

やはりオリジナル中心のライブは、雰囲気がじぇんじぇん違います。

オリジナルをやる人同士の安心感みたいなものがあります。

機会があれば、ここで演奏したいなぁー。

author:南本智哉, category:Diary, 12:51
-, trackbacks(0), pookmark
音泉組 Live屋台「弾き語り茶屋」 開店!

あわら市の屋台村「湯けむり横丁」にて、音泉組の屋台が誕生しました!!

その名も「弾き語り茶屋」。斬新ですネ。

飲食物は提供していないですが、他のお店のものを持ち込んでいただけます。

出前も可能、との事です。

昨日初めて行ってきたんですが、なかなか良い感じなのです。



湯けむり横丁は越鉄「あわらゆのまち」駅前にあります。

屋台村入って一番左手前の屋台が音泉組のお店です。

  

弾き語り茶屋は平日・休日問わず毎日オープンしています。

開店時間は、PM6:00〜PM9:00くらいまでです。

遊びにきねのぉ〜。

author:南本智哉, category:Diary, 08:05
-, trackbacks(0), pookmark
節目
4月から、ようやく社会人。
福井にはいるものの、色んな事が始まり、変わっていきます。

同時に終わっていった事も多くありました。
3年続けた塾講師、1年続けた家庭教師。元々勉強教える事が好きだったけど、成長していく生徒を見て、もっと好きになりましたわ。
昔は学校の先生になりたかったな。

教育とは全然関係ない仕事に就きますが、気合い入れて送っていきます!

今、音楽活動をしている音泉組、ユニット「福音」、バンド活動、ソロ活動。今まで通り全部はこなせないでしょうな。
バランス良い付き合いをしていかねば。
author:南本智哉, category:Diary, 08:44
-, trackbacks(0), pookmark
募金活動について

福井のボランティア団体「SOLANA」さんの活動の紹介をします。

SOLANAさんは現在、福井駅前にて朝の7〜9時。
夕方18時〜19時の時間帯を中心に、義援金の募金活動されておられます。

自分も昨日、活動に参加させていただきました。
義援金を募る場所は多くあると思いますが、
駅前に立ち寄られた方は、是非とも募金にご協力お願いいたします。

そして、団体のリーダーのブログから引用させて頂きますが、


僕はメールを寄越したみんなに、
「物資ではなく募金」と、
考えを改めて欲しくて対応していました。

物資はいつ届くかわからない。
むしろ送ることもできない。
運ぶ事ができない。

それに対して募金は、
振り込まれればすぐに使われます。


先日、県民生協で物資輸送のお願いをしましたが、
大きな間違いだったかな、とこのブログを読んで思いました。
現在、被災地に不足しているのは「物資」ではなく、「物資を輸送するルート」です。

被災地への規制がゆるくなれば、滞りなく物資輸送できるものと推測しますが。
しかし、被災地へ向かうための通行許可は簡易化される模様です。
今までは許可を出すのに何時間もかかっていたとか・・・。

被災地の方々の無事を祈っています。
物資輸送のルートが早く確保されますように。
そして許されるならば、災害ボランティアとして被災地へ向かいたいです。

音泉組でもチャリティーライブが始まります。
今週金曜日19時より、福井駅前で行います。

みなさまの善意を、よろしくお願いいたします。

author:南本智哉, category:Diary, 00:42
-, trackbacks(0), pookmark
今できること

地震発生から3日目の夜。まだまだ寒い日は続きます。

被災地ではガソリン不足の為、ストーブ等の暖房具の使用が難しくなっています。

福井県民生協「ハーツ」にて、被災地の方への義援金。
または、毛布・タオル・スリッパなどの救援物資を募集している様子です。
http://www.fukui.coop/tabid/2703/Default.aspx

HP上には、「使用していない毛布や…」と記載されていますが、
僕が行った時は中古の毛布やコート、ジャケットでも引き取って頂けました。

主観ではありますが、被災地の方々の命に繋がる物資であると思います。
もし不要な衣類等ありましたら、宜しくお願い致します。

皆で助け合いましょう!!

author:南本智哉, category:Diary, 02:23
-, trackbacks(0), pookmark